2006年10月31日

私という僧兵(3)

合戦場での僧兵(2)

すっかり放置気味だった僧兵話ですがなんとか再開。

対人(徒党)についてです。
(そーいえば7vs7の対人戦闘なんてしばらくやってないですが・・・)
まーはっきりいって、×でありますよ。

いえ、僧自体については、やる事はいろいろあります。
必要な技能をあげるなら

◎大往生 極楽浄土 単体完全回復 全体解呪 
○全体喝破 合掌法輪 全体完全回復

というところでしょうか。
◎は絶対に入れておくべき技能。○は、基本的に入れるが、徒党の構成によっては変える技能です。

◎技能については説明する必要もあまりないかも知れませんが、簡単にまとめますと
1:大往生はお早めに。
2:極楽は1ターン。結界破りでは破れないが破界では破れる。滅却で上書きされるので武士道に使う場合は注意。
3:単体完全は味方の生命と同じくらい敵アタッカーの動きを見て先読みで準備に入る。
4:開幕、陰陽が最速入力(しかし準備ではない)をしたら呪霧か呪縛。合わせて解呪を入力すること。

○技能については、案外軽視している人もいるかも知れません(全体完全以外)。
しかし、全体喝破は敵の行動を呼んで、気合韻→速攻活力→全体喝破 などと合わせると敵二人の行動を阻害できたことになり大変コストパフォーマンスに優れた技能です。
合掌法輪は長期戦において死の歌や裏鬼門を消せるかどうかは徒党の命運に関わるといっても過言ではありません。
(特化導入以前は)合掌法輪と全体喝破は開幕の使い方で僧の熟練度が計れるというほどの重要技能でして。
開幕、敵の神職と陰陽師の入力を待ってどちらか効果的な法を入力できたときは気分のいいものでした。
ちなみに私の見分け方は

陰陽師の行動:こちらに武芸や忍者が複数いれば呪縛 そうでなければ呪霧か詠唱
神職の行動:こちらの入力を待たずに最速入力なら気合韻。入力を待っていれば子守唄か死の唄。

だった、かなあ・・・。
最近は技能も増えて当然上のようにはいかないわけですが。
基本的に僧は味方の生命と敵後衛の動きに注意する必要があるでしょう。

今であれば、僧の開幕の行動といえばやはり菩薩(後光)でしょうか。
密教なら、孔雀や懲悪準備という選択肢もあります。
・・・ええ、まあ。
つまり僧兵ならではってーものは何にもないです。
強いて言えば大喝と因果ですが。

大喝:知力が同じかより低い相手にはほぼ100%決まる。ウェイトが短い。
因果:反射ダメージが大きい。ダメージ軽減もかなりある。ウェイト短い。喝破で消せない生命回復効果あり。

おお、なかなかいいじゃないですか。
・・・問題は、徒党対人戦戦闘に限っていえば、密教と仏門にはそれ以上に神性能な技能があるということです。
よって、他特化や他職との相対性能で論じている本稿においては、僧兵の対人徒党戦闘の評価は、残念ながら×、ということになります。


ネガティブな話の上にどうも今夜は信書だしたり対話したりと忙しく、記事もまとまりませんね。
苦手についての話はこれくらいにしといて、次に備えましょうか。


posted by The-Oh at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 僧兵のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

お仕事へ

いかねばならないのですが。
自由にできる時間もとれそうなので、しばらく放置してる僧兵話とか書いてみます。
posted by The-Oh at 14:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

徳川方針決定

詳細は、風雲徳川<信ON>の方を参照してください。

いいことなのか、それとも、悪いことなのか分かりませんが。
とにもかくにも、徳川としては基本的な立場を明確にすることができました。
それにしても、今回の採決は気持ちよく集計できましたね。
あの採決方法は面倒ですが、なかなかいいかもです。

これから、また忙しくなるなあ。
posted by The-Oh at 01:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

大津援軍その5

お気に入りの黒い染抜長絹の耐久がついに0に。
さすがに恥ずかしいので、予備の胴丸を引っ張りだしてきました。

この、黒の染抜長絹+黒の鋼の額あて、って。
恐らく信ONやってて初めて、自PCの外見を格好良いと思えた組み合わせなので、大津終わったら必死こいて新しいの調達するつもりです。

そういえば、こないだの転生狙いは装備削るのが目的だって説があって。
大事な装備なので削れたり廃棄するのは悲しいですが、私にとって装備というのは合戦で使うためのものなので問題とは言えないですね。
ついでに言えば、合戦じゃない期間というのは、合戦のための装備や丹などを揃えるためにあります。
次の合戦のために。次の次の合戦のために。

むしろ、合戦にいかないのに物凄い威力の装備をしてる人を見ると不思議に感じます。
あ、森高さんからいい小刀を安く売ってもらったので、バーゲン品腕力石をつけてみました。
これまでは生気装備懐剣術でしたが、腕力懐剣僧兵も試してみます。


まあ、今夜は評定委員の話し合いをしたり、防衛をしょぼしょぼやって終了です。
posted by The-Oh at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

大津援軍その4

当直中、職場でボヤ騒ぎがあり疲労度の数字が真っ赤に染まった思いであります。

しかし条件反射のように大津へ。
徳川メインの徒党に誘われ、なんだっけ。
武将三つほど落としてきました。

面白いこと書けないので今夜はこれまでで。おやすみなさい。
posted by The-Oh at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

大津援軍その3

おおう・・・(またか)。
なんとか仕事から帰還し大津参陣。
今夜は防衛に徹しようとしていたところが・・・。

トイレにいっている間に小川取り付かれ。しかも追尾徒党に。
余所見してる間に宮部取り付かれ。しかも追尾徒党に。

もう、マジすんません。
ぶっちゃけ、宮部のときはブレーメンU読んでました。チョットダケダヨ・・・


その後、心を入れ替えて武将徒党のサポ。
防衛Pを叩いたものの、徒党はN止まりでした。
幽霊になって自陣で転生をもらったところ・・・きました転生狩り!
一瞬、死を覚悟しましたが、丁度実装は僧兵流懐剣術のまま、しかも相手は仏門僧。
仏門僧が恐るべきマゲ狩人になり得ることは、徳川の某★僧さんが実証しているところではありますが、なんのこちらも僧兵よ。
味方からの「まわり味方いますよ」との対話にも笑ってサムズアップ!(すいません寝酒飲んでます)
治身丹でちびちび回復しつつ、練気四で気合回復して・・・通ったぜ完全単体!
致命傷もでて押せ押せだったのですが、後一歩というところで逃亡されてしまいました。
これまでの腕力装備だと手裏剣で余裕で止まっていたので、つい投げてしまった模様。気合撃だったらな・・・。


ちなみに、私は転生狙いは(特に援軍への。しかも先を全て落としているような状況であれば)非常に有効な戦術だと思いますし、私自身、やったこともありますので別に非難はしません。
ただなぁ・・・ 殺したかったら開幕水方術とか、冷命粉連投とかや止めた方がいいかと・・・。

もう一つ。
これをきっかけに、とあるもののふの方と言葉を交わすことができました。
詳細は伏せますが、短時間でも非常に有意義でした。ありがとうございます。

とまあ、そんなこんなで楽しい大津ですが、明日は早朝から休日出勤(今日もだったが)な上、当直業務まで重なってるので参陣できません。

あー勿体無い。


浅井、三好、徳川、そしてもののふの方々、御武運を祈ります。


そうそう。
大津終わって少し落ち着いたら、僧兵話の続きなど書きたいと思います。
posted by The-Oh at 23:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大津援軍その2

おおう・・・。
どうも調子が悪いです。

防衛しても守れず、対人は負け、
徒党に入れば叩く直前で銃撃され・・・。
  ↑いま考えるとSS撮っときゃいいネタだったんですが。

木曽川っていう地形そのものが嫌い。

かといって楽しくないのかと聞かれれば、そりゃ楽しいわけで。
とりあえず、今度いくときは中以降武将戦に適応できるよう、少々重くても知力装備を持っていこう。
あとどっかで地図を見っけてプリントアウトしよう!
昔の伊豆沖とか三方ヶ原とかじゃ自分でノートに地図書いたもんなぁ。

ただ問題は、明日は激務ピークその1のためログインできるか不明なことですが・・・(ついでに繰り返せば日曜は当直)。
がんばろう。
posted by The-Oh at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

大津援軍その1

今週は日曜まで激務が続くのですが、今日は20時30分に帰宅できたので、食事しながら大津参陣しました。

新庄防衛→陣内で霊視を使った瞬間、突っ込んできた浴衣二刀を返り討ち→次手の忍者に負け。

徒党に誘われ、鈴木へ→道を間違えて割れ、壊滅

怪我治ってから、宮本へ→道は間違えなかったが徒党員が割れ三人で粘るも壊滅

怪我治ってから、粟本へ→道を間違えたが遅れてとりつき、救援も入って1時間半戦闘して勝利。

粟本終了後→馬で割られ、鍛冶屋に叩かれ。対人実装だったため殴り返したら逃げた。

鍛冶屋逃亡後→修験に叩かれ。気合を削ったら救援がきて1対4で敗北。

死に戻り。

凄い、私でも最初から最後まで覚えていられるほど短い滞在時間だ・・・。
こんな楽しい合戦があるのに仕事しなきゃならないっていうのが辛いですな。


noroi.JPG
呪われる僧兵
posted by The-Oh at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

好き好き透漆

まあ本当はそんなに好きじゃないんですが。

今日、家に帰り着いてログインできたのが23時。
一時間で何ができるかなーと考えたところ、倉庫に溜め込んでいた漆を消費しすることにしました。
いま、一個一貫くらいで売れるんだろうか・・・。

お金を貯めて装備を更新したいところです。
以下、欲しいものリスト(いま思いついた)

1:黒い染抜長絹(腕力付き)
2:小刀(生命気合付き。十手とか鉄如意とかでもいいかも)
3:緩慢丸と迅速丸×200以上(まあこれは自家生産も可能)
4:知力石(15以上×2)
5:生命知力、もしくは知力付与のもうす

くらいか・・・。
染抜長絹は材料は揃えたので、誰か作ってくれる生産に自信のある陰陽さん、今度手伝ってください。
知力関連はもうずいぶん放置していた、武将&強ボス用の装備充実を図るため。
入魂で知力18ついた肩下げを放置して久しいなあ。

まあ、長絹と小刀はいまあるやつを今度の大津で使い潰すとして、丸関係と合わせて、その次の合戦までには揃えたいところです。



give me money.JPG
弟者を働かせ金を奪い取る某僧兵
posted by The-Oh at 00:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

今週の予定

というほどではありませんが。
今週末に仕事上の重要イベントが発生予定のためかなり忙しくなりそうです。
水曜からの大津援軍にも、なるべく参加するつもりではありますが、まともな働きは無理そう。

・・・それもありますが、日曜日が当直っていうのが一番の問題ですなあ・・・。
評定どうすべえ。
posted by The-Oh at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。