2007年01月30日

リンク追加のこと

ありがたい、新たに相互リンクを組んでくださる方がちらほらと。

「一難去ってまた一難」
スーパー僧兵である嵐さんのブログです。
もともと知人以外では、初めてリンクを申し出て頂いた方です。もう足を向けて寝られません。

「僧兵魂」
大津合戦で何度もご一緒させていただいた栗さんのブログです。
企画にお招きいただき恐悦至極であります。

「反撃死・極意」
反撃死の先輩、崎山先生のブログです。
ファンです何か下さい(遅)。
posted by The-Oh at 19:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 信ON雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦闘そして勝利

かなり駄々コネ気味に魔龍行き徒党を組んでもらい、陸へ。

魔の波動百億連発とかありえない1の暴れぶり、5のバー読みの凄さに「これでラストか」と思いつつ開始した最終戦。

沈黙は5・1に連続で入るわ、子守りで3匹寝るわで、通算二日の苦戦がウソのようにあっさり勝利。

いやー、あれですね。
確かに優しいアルゴ引いたのかも知れないけど、たまたまこんな感じで一発で通っちゃったりすると「魔龍弱いよw」とかいう話になるんでしょうねぇ…。


それにしても勝てて本当に良かった。
何やら、合戦の噂も聞こえてきただけに、今のうちにやれることはやっておきたかったんですよ。

ご協力いただいた徒党メンどもには感謝いたします。
posted by The-Oh at 00:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

いろいろな事がありました

海1で箱開けに連れて行ったもらったら、でました。涙。竜の涙が。

すげーーー。
本当はドロップとかじゃなくて、お金を一定以上持ってる人のところにだけ沸いてくる不思議アイテムなんじゃないかと思ってました。
三年以上このゲームやって初のゲットです。
凄いや、涙は本当にあったんだ。

その後、空を目指し魔鬼に立ち向かうものの、五兆万回(主観的表現)ほど敗北。

がっ。

ついさっき、倒してきました。
序盤〜中盤までは、

盾と旗に因果。鍛冶屋に英明。全体参。菩薩。大往生。死んで抜けて再度イン。英明。因果。多少安定したところで事故回避に旗に極楽。

こんな感じのループでした。
菩薩でヘイトとって因果で耐えるのが割りと良かったような気がします。

生命2600の攻撃470の連撃実装でいったのですが、殴りにまわれたのは@4くらいからでしたね。
個人的な感想としては、殴り装備だろうが生命気合装備だろうが、勝つときは勝つしあんまかんけーねー、とか思いました。
ただ、やっぱり生命は2600はギリだったかも。因果張って、1の殴りに一発耐えられるかどうかってラインで。





gettertomahawk.JPG
「一難去ってまた一難」の霧島さんに頂いたチョー凄い斧です。
早くいい石付けないと宝の持ち腐れですなあ…。


tear.JPG
このたび、初めて実在が確認された「竜の涙」。
発見を喜び僧兵を褒め称える人々の声がほほえましい。


maoni.JPG
ついに魔鬼撃破。金剛つき連撃(攻撃470器用195隊列防御)でダメ1900ほどでてました。お供の骨や首には2000いったかな。
posted by The-Oh at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

帰省五秒前

さて、昨夜は魔鬼に五百億兆連敗ほど(主観的表現)したわけです。
リベンジしたいのは山々ですが、今日は午後から半休とって遅めの帰省であります。


まとまった記事を書く時間がないので、次回以降の予告を簡単に。


【気持ちの問題って】
【議論の仁義】
【ゲッタァァァァトマホォゥゥゥク!】

の三本です!

posted by The-Oh at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

呪いの一夜

めーずーらーしーくー 徒党に入れて魔鬼やってたというのぃぃぃぃぃぃ!!

みなさんご承知の全サバ落ちでこの有様です。

ueno.JPG
サバ復帰直後。
前橋の門前に強制ワープさせられ呆然とする人々。

posted by The-Oh at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

もう一度 ゲームの理論

(なお、前回のタイトルは書名です)

前回の記事について、私の説明不足からか誤解を基にした質問を受けることがありましたので補足と整理をしておきます。


【資源について】
『資源』というのは『プレイヤー本人の資源』であって、ゲーム内の通貨のことじゃありません.
もう、物凄く簡単に言えば【リアルの都合】ってことです。
例えば、いつも帰宅が21時で2時間しかゲームできない人が、「今日は一時間早く帰ってゲームを三時間やるためにタクシーで帰ろう」というのは、『金という資源』を削って、ゲームをする時間を確保している状況なわけです。
一日24時間、という最大の資源はどんなプレイヤーにも公平です。
それら資源をどのように配分して目標を達成するかが、【ゲームの醍醐味】というものでしょう。

【資源の投資と勝敗】
そして基本的には、複数のPLが一つの目標に向かって競合していたら、より多くの資源を投資したプレイヤーが勝利するのが当然です。
これは信ONに限ったことではなく、トランプだろうが格ゲーだろうが株式だろうがラブ&ベリーであろうが、時間と金をかけた方が上手くなり、上手くなれば勝てる確立が上がるのは当たり前のことです。
勝敗と、投資した資源の量が無関係であれば、それはゲームではなく唯の運試しでしょう。
まさか「1投資したものが10投資したものより利益が少ないのはおかしい」「私は1しか投資できないのに10も投資できる人がいるのは不公平だ」と主張する方はいないと思いますが…。
いや、例えば、10投資した人が「なんか私ばっかり儲けてて悪いから、みんなにもちょっとご祝儀だすよ」とかいうなら、有徳の士といっても良いかもしれませんが…(まあ私なら屈辱過ぎてご祝儀なんか受け取れませんが)。その逆って…。

【ゲーム内環境について】
もう一つ、重要なのは(←ここは前回落としていました)。
基本的には、資源を多く投資したプレイヤーが勝つのは当然ですが、ゲーム内の環境によっては、必ずしも投資量だけで勝敗が決まるわけでもない、のがゲームです。
『ゲーム内の環境』というのは、ゲームシステムだったり、他のプレイヤーの影響だったり、あるいは本当にただのランダム要素だったりします。

だから、私は前回は「仮に手柄順位獲得だけが目的のPLがいて、その人物が妖魔陣に関わらず納入だけしてランキング入りしたとしても、それは彼がゲームに勝利したというだけのことである」と書きました。
これももうちょっと詳しく書かないとだめかな。
つまり、件の人は妖魔陣クリアと納入、二つの事項に投資してます。仮にこれを20の投資とします。しかし、手柄獲得だけが目的だったPLは10の投資で目的を達成することができた、というのが上記の例なわけです。
私は、これもゲームとしてあって当然だといっています。
ていうか、この例に出したPLは物凄く上手いじゃないですか。少ない投資でいかに成果を上げるか考えたわけですものね。


【まとめ】

1:「ゲームにどれだけの資源を投資するかは個人の自由」
2:「ゲームとは基本的に投資した資源に応じた成果がでるものである」
3:「しかし、環境によっては必ずしも投資に比例して成果がでるとは限らない」
4:「よって、環境を考慮しつつ、自分の望む成果と資源に応じた投資を行うことが、ゲームの醍醐味である」

というのが私の主張です。

まあ、特に3と4はオフラインのゲームではほとんど関係のない概念ですが。
オンラインゲームをやるのであれば、「そここそ」が楽しむべきポイントなんじゃないでしょうか。





posted by The-Oh at 10:15| Comment(14) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ゲームの理論

先週の評定では通常の時間を大幅にオーバーしてしまい、みなさんにご迷惑をおかけしました。すいません。


で、最後にちらっとでてきた話なんですが。
どうせ評定の場では私は私見を押し通すことはできないので、この場でちと語らせていただきます。
(政治的方針に関することじゃないし、これくらいは許していただきたい)


つまり主訴としては
【みんなが官位を上げたり紋所の価値をあげたいのに一部の人間が独占しているのは不公平である】
ということだと思うのですが。


結論からいって、まったくの筋違いでしょう。
どんな人間であっても、ゲームに注ぎ込める資源(時間、熱意、金etc)は有限です。
重要なのは、自分がゲーム内で実現したいことのために、どのように資源を配分するか、です。
PL同士で競合する目標(この場合は手柄順位)があったとき、より多くの資源を注入したPLが望む結果を得るのは当然のことです。
ましてや、件の人物は妖魔陣成功において、客観的にいって最も貢献した人物であることは明らかです。
最も貢献した人物が最も美味しい目を見る。それの何処がおかしいのか?


逆に言えば、彼は有限の資源を、妖魔陣成功と手柄獲得の二つに割り振っているわけで。
もし、「手柄獲得だけが目的の人物」がいたとしたら、妖魔陣はやらず(資源を温存し)、そちらへ資源を注げばいいだけです。
まあ、もしその手段を選んだ場合、自分が妖魔陣の成否には関わらないわけで、妖魔陣が失敗することで手柄獲得しても無意味(官位が上げられない)な状況になる可能性もありますが。
つーか、そこをどう判断し資源を配分するかが、「ゲーム」でしょう。
ちなみに私は、仮に今回、この人物が手柄順位を独占したとしても当然と思うでしょう。彼は「ゲーム」に勝ったのですから。


ちなみに私自身について言わせてもらえば、まったくもって手柄順位には関心がないのでどうでもいいです。
それでも、年末から元日にかけてそこそこ妖魔陣でてたのは、単にみんなと共同作業するのが面白かっただけで、そこに何の不満もありません。
官位も1ミリも持ってませんし。…だって、その方が格好いい!と私は思うんですよね。無位無官て。

私は、どうせ少ない資源を削るのではあれば、合戦で人を殺したり、少しでも自分のPCを理想のスペックに近づけたり、評定委員として有意義な活動をすることに使いたいです。それが、私にとっての「ゲーム」なのです。


…と、いうようなことは評定ではいいませんし、司会も公平にやるのはもちろんですので、議論を望む方がいるなら積極的に発言してくださいね。


posted by The-Oh at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

合同協議

先ほど終わりましたー。
20時から02時40分まで…。

おやすみなさい…。
posted by The-Oh at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

海へ行こうぜ

いってまいりました。

年末、野良徒党に誘われていった時は、馬にまったく勝てず5連敗ほどしてましたが。

岡崎で知人が集まったため、ものは試しと【腕力装備&殴り実装】でチャレンジさせてもらうことに。
正直、これでダメダメだったら物理アタッカーの道は断念しようくらいに思ってました。

この時のスペックは攻撃力530、器用200(丹込み)、生命2300の気合2000くらいだったかと。
実装が

因果応報 僧兵連撃 金剛力 全体回復参 全体解呪
命中極意 反撃封じ 英明参 闘魂術極意 大往生

徒党構成は

武士道 盾鍛冶 武芸 医術 密教 神主 僧兵(私)

でした。

結論からいえば、サブアタッカーとしては、及第点には達していなかったと感じました。
ダメージとしては、金剛+連撃で馬に1700、河童に2000、結界付き蜘蛛に1500くらいは出てました。
やはり、それぞれ+200くらいは最低でもダメージでないと格好付かないかと。
武芸以上に空振りが多いのも問題でした(お守りや特殊も器用じゃなく腕力にしてたからかも)。
もちろん、それでも一撃のダメージは武芸や暗殺には敵わないわけですが、僧兵アタッカーの利点は、連撃による回転率(気合消費が600固定なので連射可能)、反撃封じによる事故率低下があります。
また、因果や英明を配ったり、回復足りなければ全体回復したり、解呪をしたりもあるわけで、僧兵の価値というのはこういうサポート的な部分にも当然あるのです。

今回、不味かったのは、解呪が1だったこと、金剛を入れるタイミングが悪く因果などが遅れたこと、があげられます。

また、再生や活身やってくるボスに対しては、阿修羅槍があったらよかったんじゃないの? とも思いました。
今度やるときは闘魂抜いて阿修羅かなー?


そういうワケで、当面、現実的な課題としては、
【お守りと特殊を器用装備にしたまま、攻撃力はさらに+20する】
とします。
現実的かなあ?

いま、準備しているのは頭装備と袋を腕力+45以上のものをそろえること。これできれば攻撃力は+10かな。
袋は入魂18の肩下げができたので、こないだ拾った金剛を入れる付与石を物色中。
頭装備に関しては、鋼の額当てが市場にでてこないので知人(いやまだあてはないんですが)に持ち込み生産を頼めるよう、材料調達中(オオカミ革だけ入手の目処が…交易で買うしかないかなぁ…)です。
もちろん、希望の袋と頭装備できてもさっきの目標には届かないのですが、期待しているのは新生産によるニュー槍です。
いまのところ、斧槍で攻撃111というのが最高スペックらしいですが、そのうち130くらいの出てきませんかね?

まーあとは何にしても金ですか。
金! ゴールド! メセタ! マッカ! ギルダン! ダラス!
金よこせー金ー!

…いや失敬。



非常に見辛いですが、ダメ1700です(僧兵が滅却してるわけではない)
uma.JPG



馬のあとはイカも倒しました(私は当然、生気装備で)。
しかし、どちらも一発でクリアとは、やっぱり凄い人たちだ。
ikaodori.JPG
函館名物イカ踊り
posted by The-Oh at 17:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

謹賀新年

年の瀬は徳川妖魔陣などやってました。
酔っ払いながらだったのでかなり役立たずでしたが…。

そんな感じで、例年以上にダラけた正月を過ごしております。


2007年もよろしくお願いいたします。
posted by The-Oh at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 信ON日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。